2017年05月10日

定番か?時代錯誤か?LUGGAGE LABEL

これは定番と言っていいシロモノか?
もしかすると時代錯誤なのか??
という微妙な立ち位置のモノがあります。
定番は必ずしも売れ筋とは限りません。
むしろ流行とは正反対のポジションで、
決してプロモーションで推してもらえることもなく、
いつも製造中止や、売り場の棚落ちの危機にさらされている、、
そんな逆境に立たされていることも多いと想像できます。
そこを長らく生き延びてこそ定番ですから。

吉田カバンの「ポーター」は間違えなく好感度の高い
売れている定番ブランドに違いありません。
もう一つ、吉田カバンのブランドに「ラゲッジレーベル」というのがあります。
HPを見るとかなりの量のアイテムが紹介されてはいますが、
よく見ると「生産中止」とされているものがいくつもあり、
実際の売り場を探すのもひと苦労です。
そんな戦う戦士みたいなブランド「ラゲッチレーベル」ですが、
実は私はこのブランドのコレクターです。

「ラゲッジ レーベル ライナー(LUGGAGE LABEL LINER )」は、
1935年の創業の鞄メーカー 吉田カバンより1984年に立ち上げられたブランド。
「ポーター」に次いで第二のブランドとして発表されたそうです。
こだわりをもつ人々、より高感度なユーザーを対象として、
さらに完成度の高いバッグづくりを行ったということ。
レーヨンキャンバスをPVC加工した生地は80年代当時には斬新で、
マチ幅が拡張できるギミックと共に当時大ブームを呼んだが、
当時はミリタリーテイストをバッグのデザインに取り入れることは、
まだ珍しい時代であったとこと、
ファスナーの開閉により、マチ幅や形状が変更出来るのが魅力で
このギミックがブームの要因とされています。

〇LUGGAGE LABEL LINER SHOULDER BAG 品番:951-09239


私がかなりヘビロテする14インチのノートPCがちょうど収まるショルダーです。
ブラックとカーキの2色展開ですが、個人的な好みはブラックです。
ブラックという設定なのですが、実際には本体が深めのグレー、ベルト類が茶系です。
この色味がたいへん気に入っていて、しかも、靴の色が黒でも茶でも
どちらでもよく合う親切なカラーリングなのです。
レーヨンキャンバスのPVC加工は、非常にしなやかで気持ちのいい使い心地。

〇LUGGAGE LABEL LINER 2WAY OVERNIGHTER 品番:951-09234


ボストンバック、いいですね〜。
なんですかこのワイルドなカンジ。
旅行、出張もOKですし、ストラップ付なので荷物が多いときの自転車用にもハマります。
かなりたくさん入りますが、そんなに大袈裟に感じさせないサイズ感も絶妙です。
右がこのボストンバック、左は上記のショルダーです。
図2.png

〇LUGGAGE LABEL LINER WALLET 品番:951-09266


こちらも例のブラック同色のウォレット。とても使いやすいです。
これが6〜7千円のシロモノとは思えないきちんとした作りになっています。
カードや小銭もたっぷり入って、且つ、ジッパーがガバッと開くので
中身の整理がしやすいです。
財布が整理されてないとお金が貯まらないって言いますからね、
大事大事。

〇 LUGGAGE LABEL NEW LINER 2WAY BRIEF CASE 品番:960-08876


「ラゲッジ レーベル ライナー 」の通称が「赤バッテン」、
これともう一つの「ラゲッジレーベル」「ニューライナー」は
通称「青バッテン」。
こちらは、基布をナイロンメッシュに変えたことにより、
見た目はほとんど変わらないけど、触ると質感がちょっと違って
しっかり目なカンジです。
ビジネス用途だったら圧倒的にこっちが無難で使いやすいでしょうね。
シルエットもほらね、ビジネスライク。
図3.png
なんてゆうか、、
ポーターじゃないのを持ちたいな〜、高いのは嫌だけど、、的な
そういう天邪鬼な合理主義者の気持ちにバチっ!と応えます。


posted by uno at 02:40| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月09日

ポケッタブルリュック

小さくたためるリュックというのがあるのですが、これがそうとう便利です。
中敷きやら補強やらが何もないので見た目より全然たくさん入ります。
ブリーフケースが余裕でスッポっと入るし、
更に、脱いだジャケットまで入ったりしますので、
基本、自転車通勤に使っていますが、
旅行、出張、ショッピングなどの時に持っていても、
後悔したことがありません。
あと、バック自体が非常に軽いので、日常にも使い勝手が良いのです。
今、使っているのは無印良品のものですが、薄いナイロン製なので、
いつかヘタるだとうなと思って検索してみたところ、あるある。
アウトド系スポーツブランドから、
よさそうなモノがたくさん出てきました。
ポケッタブルリュック、ポケッタブルデイパック、パッカブルパック、、
そんな呼ばれ方をしているみたいです。
コーチにも比較的ガッチリしたヤツがありました。
ただ、このアイテムに限っては、作りの良さや、過剰なタフさを
求めるよりも、軽さ、安さ、優先で、消耗品として選ぶのが賢いかもしれません。
とはいえ、今使っている無印も、かなりの頻度で1年以上愛用していますが、
まだまだぜんぜんピンピンしていて、もう少しはもちそうです。

81CWHub5bqL._UL1500_.jpg81CZ5A3o8tL._UL1500_.jpg61P1Nck3rUL._UL1000_.jpg
◎[モンベル] mont-bell ポケッタブルデイパック
表地: 210デニール・ナイロン・オックス(ウレタンコーティング)
タテ45cmxヨコ26cmxマチ14cm
ポケットの数:2(外側1/内側1)
重量:220g
折り畳み時のサイズ:タテ16cmxヨコ19cmxマチ4cm

◎[モンベル] mont-bell ポケッタブルデイパック

◎[コロンビア] Columbia アラリア15パッカブルバックパック

◎Karrimor(カリマー) Foldable Rucksack パッカブル デイバッグ

◎[コーチ] COACH ナイロン ポケッタブル デイパック


◎北欧スウェーデン発「The Friendly Swede」軽量&折りたたみ式 ウルトラライトバックパック
25リットル 高耐久性 210デニールナイロン生地 (550lb パラコードキーチェーン付)
ラベル:自転車
posted by uno at 01:47| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月27日

正しい旅行鞄の選び方

「私の夏が終わったので今日から秋とします。」

友人女子のFacebookでこんな可愛いひと言がシェアされました。
9月の祝日を使って休暇でもとったのでしょうか。
同僚でも、この辺りで最後の夏を楽しむ人が何人かいました。
だいぶ気が早いですが、来年のカレンダーを覗いてみると、
なんと19から23日まで普通に5連休です。
そのあとの24(木)、25(金)に休みを取れば27(日)までの
9連休ということになります。
夏をキレイに終わらせて、
ちょうど1年後の今日から秋とするために、、
いまから旅行の計画を練るのも楽しそうです。

旅行鞄というのは
出発の間際に必要な荷物が入る大きさのバックを
やっつけで買うことがどうも多くなってしまいます。
でも、旅慣れたツアコン達は、旅先で取り回しやすい
サイズの鞄を先に決めてあって、
それに入る量の荷物で旅をやりくりをするそうです。
さすがの私も1年あれば、そういう準備の仕方もできそうです。

◎グルカ
http://ghurka-style.shop-pro.jp/
グルカ (Ghurka)は、1975年にアメリカのコネチカット州で
アメリカ人の皮革製品商マーリー・ホッジソン(Marley Hodgson)によって
創業された鞄・革製品メーカーです。
70726f647563742f353361323162346536622e6a7067003235300000660066.jpg
Ghurka (グルカ) / No.2 EXPRESS (エクスプレス)
( Chestnut / Walnut / Black)[G102C]
価格:187,000円 (税込)

◎フィルソン
http://filson-pro.shop-pro.jp/
フィルソンは1897年にワシントン州、シアトルにて創業したアウトドアブランドで、
ゴールドラッシュの中、ウールやコットン、皮革などの天然素材を使った厳しい寒さや
風、雪、に負けず、激しい作業にも耐え、かつ暖かく長持ちするウエアーやグッズを
作ることで有名なアウトドアブランドです。
52599835.jpg
http://www.amazon.co.jp/dp/B00CM5QWE4/ref=twister_B00CM5QVFE
ダッフル バッグ スモール オッター グリーン
DUFFLE BAG-SMALL
価格:36,900円(内税)
posted by uno at 00:18| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月24日

憧れの使い込まれた革の鞄

sub2.jpg
使い込んでいい味が出た革の鞄。
昔から、憧れながらも実際は、
鞄自体がそこまで持たなかったり、
流行に流されてしまったりで、
この年になるまで、そういう風に
鞄と付き合えたことがありません。
次の鞄は、そこに挑戦するのも
いいかもしれないと思います。
いいモノを選んで長く付き合う。
そのためには、そういう使われ方を
するために作られたモノを
選ばなければなりません。

手作り鞄のファクトリー HERZは、
丈夫な鞄に仕上げることをテーマに、
流行に流されない味わいのある鞄を
つくりつづけています。 
丈夫さの基本は、ナチュラルなタンニンなめしの
オイルレザーを厚いままで使用すること。 
その上、ハンドルや底、金具付けなど、
さまざまな傷みやすい部分をあらかじめ補強する。
 ヘルツの鞄と一目でわかる無駄のない
力強いステッチも丈夫さの秘訣。
だから、でき上がった鞄は、
たくましくてごついのです。 

◎ブランドサイト
http://www.herz-bag.jp/webshop/

会社名 株式会社ヘルツ
住所 〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-46-16イルチェントロセレーノB1F
電話番号 03-6427-3250
FAX番号 03-3406-1520
メールアドレス info@herz-bag.jp
取扱商品 皮革製品(鞄、バッグ、生活雑貨)
会社情報
HERZ(ヘルツ)は、渋谷、博多、大阪、仙台に工房、直営店を構える日本の手作り革鞄(かばん)工房です。
革の裁断から縫製まで、一点一点全て自分達の手で作り上げています。
本当のmade in japan(日本製)にこだわり続けて30年以上。
革鞄(カバン)と共に過ごす、楽しさ。喜び。それをお伝えすることが、HERZの願いです。


HERZ(ヘルツ)の製品
「オリジナルであること」
「飽きのこないオーソドックスなデザインであること」
「丈夫であること」


◆会社名  株式会社 ヘルツ
◆代表者 代表取締役 野口 裕明
◆資本金 1,000万円
◆創業 1973年10月
◆設立 1987年12月
◆業種 企画製造販売業
◆直営店および工房
本店 東京都渋谷区神宮前5-46-16
FACTORY SHOP(渋谷工房) 東京都渋谷区渋谷2-12-8
Organ 東京都渋谷区渋谷2-12-6
RESO. 東京都渋谷区渋谷2-7-12
大阪店 大阪府大阪市西区南堀江2-4-4
仙台店 宮城県仙台市青葉区本町2-10-33
博多工房 福岡県福岡市博多区博多駅前3-16-10 
posted by uno at 00:02| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。