2014年10月10日

モードに手を出すか否か?

今の日本語の“モード”というコトバは、かなり曖昧です。
本来“モード”の意味はフランス語で“流行”ですが、
流行り服はモードか?といえば、これが全く違います。
あと“コンサバ”の対義語として使われることが多いのですが、
コンサバじゃなければモードか?と言うと、そうでもありません。
また、コレクションの服という意味合いでも使いますが、
コレクションに出てないとモードではないか?これもまた違います。
線引きがファジーです。
もちろん、私もたいへんに何となくこの言葉を使います。
ただ、私がモードという言葉を使う様になった頃は、
川久保令さんや山本耀司さんの服を差していたので、
あの延長線にあるような服をそう呼んでいる気がします。
アートな匂いがするデザイン最優先の服です。

若いころは、このモード服をよく着ましたが、
今は、これ手を出すか否か少し悩みます。
モード服は、基本、そのシーズン中心に着るもので、
長く着るという考えは持たない方が利口です。
ただ、実際には案外長く着れるものがあるのも事実で、
今の私のワードローブには、かなり古いモード服があって
けっこう便利に使っています。

使えるのは、スーツです。
毎年恒例のパーティーというのがいくつもありますが、
ダークスーツは数着しかもっていないため、
すぐにローテーションが回ってきます。
そこで、時々古いモード系のスーツを投入すると、
ガラッと空気も気分も変わってなかなかよいものです。
古さが気になるかというと、そんなことはないのです。
今のスーツと比べて多少裾が長めなのですが、
それでスーツとして全体のシルエットが
デザインされているので、バランスがキレイです。
ジャストサイズだというところも
古さが気にならないポイントだと思います。

この古いけど便利なモード系スーツにも
そろそろ限界がきているため、
今年は新調して、パーティーシーズンに
これをヘビーローテーションして、
来年以降は、便利なオプション・スーツにする、
というのも良いかもしれない。
秋冬の服を整理しながら、そんなことを思うのでした。

◎ラウンジリザード(LOUNGE LIZARD)のセットアップ
04_5496_02.jpg04_6727_01.jpg
LORO PIANA 1B JKT/COLOR BLK, NAVY/PRICE\60,000/MATERIAL WOOL CUPRO
LORO PIANA スラックス/COLOR BLK, NAVY/PRICE\24,000/MATERIAL WOOL CUPRO

◎ブランドプロフィール
ラウンジリザード(LOUNGE LIZARD)は、八重樫学さん、東郷達也さん、
有働幸治さんの3人のデザイナーによって立ち上げられたブランド。
テーラードジャケットを基本としたシャープでスマートなスタイルが特徴。
2004年には有働幸治さんは独立、自身のブランド「FACTOTUM(ファクトタム)」を創立。
posted by uno at 00:00| Comment(0) | スーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: