2014年09月06日

永遠不滅のロック

きっとyoutubeなんかがあるせいで、
昔のロックが好きという、
若い人が増えた気がします。
私も、
頭をリセットしたい金曜の夜などは、
時々ロック少年に戻ります。

ヤードバーズ、クリーム、ジミヘン。。
私が若いころも、
彼らは既に過去のレジェンドでした。
彼らの楽曲を聞くには、
それなりに手間とお金が要りましたが、
ギタリストの聖書でもある彼らの曲です、
何とかして聞いていました。
中でも、ジミー・ヘンドリクスは、
お気に入りのアーチストでした。
ただ、当時の私はジミヘンを
全然分かってはいませんでした。
比較的最近、大人になってから、
あの派手なステージアクションや
サウンドエフェクトで隠れがちな、
ギター、作曲、アレンジの力が
分かるようになりました。
そうすると、あの花柄でフリフリ衣装まで、
秀逸なまでにバランスが取られた、
ひと塊りのアートだったんだということに
気がつくのです。

◎Red House by Jimi Hendrix


今でも、このパフォーマンスを
超えるアーティストはいないと思います。


ラベル:音楽
【関連する記事】
posted by uno at 01:43| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。