2014年08月19日

クラークス

クラークスのブランドサイトが更新されて
2014秋冬が展開されました。

クラークスには
本当にお世話になっているのです。
靴入れの中でかなりなシェアを占めています。

とにかくいちばんなのは、
私の足は、クラークスなら
絶対に痛くならない、という信頼感です。
はき始めの時に、わが足と靴の革との
あの壮絶な戦いがあるのと無いのとでは、
靴の価値が全く変わってきます。
クラークスなら痛くない、という人。
他にもほんと多いです。

このコンフォートさは、
リラックスしたシーンから、
アクティブなオケージョンまで、
幅広くサポートをしてくれます。

そして、デザイン。
たとえば、デザートトレック。
デザートトレック ブラウンスエード横.jpg
デザートトレック ブラウンスエード前.jpg
かわいい、かわい過ぎる。。
¥12,352〜22,680/amazon

これは、ガトリーウォーク。
ガトリーウォーク ブラックレザー表.jpg
ガトリーウォーク ブラックレザー裏.jpg
カジュアルでコンフォートながら、
キレイ目を打ち出せるのもクラークスです。
秋冬では、これの茶系の色違いが新着になっていました。
(¥26,000)

こちらは、ラスピンブローグ。
ラスピンブローグ ブラックレザー表.jpg
ラスピンブローグ ブラックレザー裏.jpg
ブローグの穴凹デザインは、
そもそもカントリーの湿地帯を
歩くための空気候。
これくらいカジュアルダウンさせると、
そういういい雰囲気が出てきます。
秋冬では、これのベージュ系のスエードが
新着になっていました。
(¥18,000)

それと、もう一ついいのが価格設計。
リーズナブルだけど安すぎない。
恥ずかしくないものを履いている、
という気持ちにさせてくれます。
(私にとって、ここがユニクロの問題点。)


◎ブランドプロフィール
http://www.clarks.co.jp/
イギリスの老舗ブーツブランド。
英国で現存している最古の靴ブランドとして知られている。
立ち上げは1825年。サイラスとジェームスのクラークス兄弟よる。
シープスキンを使用したスリッパが主力アイテムだったが、
そのヒットを機に「柔らかい素材のソフトな履き心地の靴」を追求し、
人間工学を駆使したコンフォートシューズの先駆け的存在となった。
大きな転機は、1950年に世界初の「デザートブーツ」を発売したこと。
また、1966年に発売された「ワラビーブーツ」もクラークス社の商標である。


◎カンパニープロフィール
http://www.clarks.co.jp/about-clarks-japan/

社名
 クラークスジャパン株式会社
(英文)Clarks Japan Co., Ltd.
設立
 昭和58年 (1983年) 12月12日
資本金
 8,000万円
所在地
 〒103-0024
 東京都中央区日本橋小舟町8番1号小舟町富士プラザ7F
電話番号
 03-5847-7165(0358477165)
FAX番号
 03-5847-7167(0358477167)
株主
 英国クラークス社 (C & J Clark Overseas Limited)
事業内容
 クラークス・ブランドの紳士・婦人靴の輸入卸
役員
 代表取締役会長 ソフィ・メリッサ・ポッター
 (非常勤、英国クラークス社最高経営責任者)
 代表取締役社長 ボルメランジェ 小林 朱美子 (常勤)
 取締役 ロビン・ポール・ビーチャム
 (非常勤、英国クラークス社財務担当役員)
 監査役 碓井憲男
従業員数 
 27名
決算期  
 1月
主要取引先
 株式会社リーガルコーポレーション
 その他の靴・スポーツ卸問屋、靴・アパレル小売店等
仕入先
 英国クラークス社
 大鳳商事株式会社
 双日ジーエムシー株式会社
 その他
ラベル:クラークス 企業
posted by uno at 19:39| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: