2018年01月08日

乾燥の季節の肌あれには、やっぱりNO.1薬用洗浄剤。

寒くなって肌の乾燥を放っておくと
粉を拭いたり荒れたりと調子と気分が下がります。
これはちょっとお高いんですが、、
でも、この不滅の定番ブランドにすがるのが一番のようです。

「ミノン」は肌トラブルのカギは洗浄にあり、ということで
1973年に山之内製薬がリリースした洗浄剤ブランド。
ネーミングの由来は、、アレルギーの原因物質NON、
毒性NON、アルカリ性NON(弱酸性である)。
ということだそうです。

どうやら、当時、化粧品で肌が荒れるという
トラブルが増えたらしく、そこから生まれたものらしいですが、
その処方は、当時からするといたって先進的。
弱酸性の洗浄剤が一般化したのは1990年代のことだし、
アミノ酸を主成分とする洗浄剤はほんの最近になって
注目させているところですからね。

2018年秋には、泡タイプが追加されて使っていますが、
このクオリティの洗浄剤でいきなり泡で洗えるなんて
なんとも快適でラクチンで贅沢な気分です。

〇MINON(ミノン) 全身シャンプー しっとりタイプ 450mL 【医薬部外品】


〇MINON(ミノン) 全身シャンプー しっとりタイプ 詰替用 380mL 【医薬部外品】


〇ミノン全身シャンプー泡タイプ 500mL


毎日寒いですが、今年は今のところ肌荒れナシです。
やっぱりこれが効いていると思います。
posted by uno at 15:17| Comment(0) | 化粧品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする