2014年09月30日

グローバルワークと大沢たかお(46)



グローバルワークのテレビCMを初めてみました。
ここに大沢たかおさんがキャスティングされているのですが、
これで、私の理解が間違っていたことが分かりました。

というのも以前、
ここのショップを見たいと思い検索したところ、
私の行動半径にある店が後楽園のラクーアでした。
思えば、場所が場所だけに当選といえば当然なのですが、
店内では初々しい中学生くらいのカップルたちがたくさんいました。
手頃な価格で、質もよさそうで、デザインはユニクロよりも上なので、
何か試してみたいと思ったのですが客層を見ていると、
なんだか私などが手を出すのが申し訳ない気持ちになって、
何も買わずに退散したことがありました。

調べてみると、グローバルワークのターゲットは20〜30歳代の男女。
またヤングファミリー向けのブランドで子供服も展開しているので、
2〜6歳の子供もターゲットとなっているそうです。
運営企業のポイントは、カジュアル衣料品および雑貨を中心とした
SPAブランドを展開する会社。
2011年3月に仲里依紗をCMで起用した『ローリーズファーム』も
ここのブランドだそうです。
いずれにしても、私には若いブランドなのですが、
大沢たかおさんは46才だし、
中学生カップル用の服では無いことがわかったので、
ずいぶん身近に感じます。

今度こそ、何か試そ。

http://www.point.jp/globalwork/

catalog_2.jpg
コーデュロイテーラードジャケット/カラー:ネイビー88/\ 8,100(税込)
ライトフードダウンジャケット/カラー:グレー15/\ 7,560(税込)
スーピマコットンVネックT長袖/カラー:ホワイト06/\ 2,700(税込)
メダリオンコートスニーカー/カラー:ホワイト05/\ 4,320(税込)
catalog_6.jpg
コットンニットケーブルプルオーバー/カラー:オフホワイト05/\ 5,400(税込)
スーピマコットンタートル/カラー:ホワイト06/\ 2,700(税込)
イージーパンツ/\ 5,940(税込)
メガネFW/カラー:ブラウン(ウェリントン型)59/\ 2,700(税込)
catalog_4.jpg
フードZIPブルゾン/カラー:ブラック09/\ 7,020(税込)
コットンニットボーダープルオーバー/カラー:ホワイト05/\ 4,860(税込)
カーボンピーチシャツ長袖/カラー:ネイビー88/\ 3,780(税込)
スリムストレートデニム/カラー:ホワイト06/\ 5,940(税込)
GWBコインローファー/\ 6,480(税込)
item_546559_main_18_b.jpg
ショートダウンジャケット\ 15,120(税込)

◎企業プロフィール
2014年2月28日 現在
社名
株式会社ポイント
※当社は、2013年9月1日付けで、株式会社アダストリアホールディングスを持株会社とするグループ体制へと移行いたしました。
本社住所
〒100-6609 東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウ サウスタワー 8〜9F
03-6895-6011
設立
2013年4月
資本金
10百万円
代表者
代表取締役会長 福田 三千男
代表取締役社長 遠藤 洋一
事業内容
カジュアルウェア専門店チェーン
事業所
東京本社
国内店舗数807店舗(2014年2月末時点)
プレスルーム
〒100-6609 東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウ サウスタワー 9F
TEL:03-6895-6066 FAX:03-6895-6007
カスタマーサービス
〒100-6609 東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウ サウスタワー 10F
TEL:03-6895-6035 FAX:03-6895-6077
フリーダイヤル:0120-601-162
受付時間 10:00〜18:00
ラベル:企業 SPA
posted by uno at 00:00| Comment(0) | ブランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月29日

ジャーナルスタンダード&エディフィス2014AW

セブンイレブンで買い物して驚くのが、
OEM商品のセブンプレミアムだらけなことです。
その製造元ほとんどは一流メーカーな訳ですが、
その一流のブランド名を抑えてまで、
セブンプレミアムな訳です。
しかも、商品企画といい、値段といい、質といい、
かゆいところに手が届いているのです。
リテーリングを制したモノの強さを感じます。

ファッション業界のリテーリングは、ユニクロをはじめとするSPAと、
ビームスをはじめとするセレクトショップがイニシアチブを握っています。
SPAはスケールメリットを活かすためグローバルがマーケットですが、
セレクトショップの方は国内のマーケットで
多様なブランドが切磋琢磨しています。

日本を代表するアパレル会社「ベイクルーズグループ」が展開するセレクトショップが
JOURNAL STANDARD(ジャーナルスタンダード)とÉDIFICE(エディフィス )。
テイストは、どちらもフレンチトラッドがベース。
ここにアメカジ的要素(ワーク・ミリタリー・ヴィンテージ等)をMIXしたジャーナルスタンダード。
もう少しミニマルという感じでカジュアルからドレスウェアまでを提案するエディフィス。
いいとこ取りが巧な日本のファッションらしくて、そして若々しい、
このふたつのブランドが提案してくれるコレクションは、
今の日本のメンズファッションに欠かせない幅と奥深さ、
かゆいところに手の届いた選択肢を提供してくれます。

◎ジャーナルスタンダード2014AW
http://catalog.baycrews.co.jp/ip/jsm1408.html
11_140912636869221523_v580.jpg25_140912636869221523_v580.jpg44_140912636869221523_v580.jpg35_140912636869221523_v580.jpg

◎エディフィス2014AW
14010320100030_im_042.jpg14010320005130_im_008.jpg14011320500030_im_001.jpg

関連記事
◎ビームス2014AW
http://unocouno.seesaa.net/article/404361314.html
◎ユナイテッドアローズ25周年
http://unocouno.seesaa.net/article/404281047.html
◎トゥモローランド2014AW
http://unocouno.seesaa.net/article/406064202.html?1411882815
posted by uno at 00:04| Comment(0) | ブランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月28日

トゥモローランド2014AW

いいモノさえ作っていれば、必ず売れたプロダクトアウトの時代から、
ユーザーの欲しいモノを提供できないと売れない
マーケットインの時代へ入った。。
アパレル業界では、80年代からこう言われるようになったそうです。
セレクトショップが勢力を拡大した時期です。

日本のセレクトショップ御三家と呼ばれるのが、
ビームス(76)、シップス(77)、ユナイテットアローズ(89)。
勿論、ビームスがこのマーケットのパイオニアです。
シップスはアメ横でショップ運営していた会社が立ち上げたブランド。
ユナイテッドアローズはビームスから出た重松理氏が立ち上げました。
そして、この御三家に続くのが、トゥモローランド(08)、ベイクルーズ(97)
だと言われます。
上記ブランド名の後のカッコに入れた数字はセレクトショップ開業年度です。
80年代に市場が作られ、2000年前後からフォロワーが動きだしました。
ただ、トゥモローランド、ベイクルーズともに
ファッションメーカーとしての起業は70年代、
元々のアパレル企業がこのセレクトショップへの業態改革したということです。
先陣をきったビームスの方は、段ボール製造業からの新規参入でした。
だからこそ、ビームスの偉業にインパクトがある訳ですが、それに加えて
このフォロワー企業らの対応力にも力強さを感じます。

トゥモローランドは、元々は1978年に創業したメンズニットメーカーでした。
1982年にはウィメンズブランド「BALLSEY」と「MACPHEE」をスタートし、
翌年には自由が丘に直営一号店をオープンします。
海外とのコラボレーションは30周年を期に08年からスタートさせたようです。
ブランドコンセプトは、
『オリジナルから幅広く世界からセレクトしたウエアやグッズまで
時代を超えて受け継がれていく端正で洗練されたエレガントなスタイルの提案』。

今度のAWはチェック柄のアイテムを多用して、
上品で優し気ながら目を引くカジュアル服を展開させています。
女子ウケを狙う時用にニーズがありそうなコレクションです。


◎トゥモローランド2014AW
http://www.tomorrowland.co.jp/catalogue/2014aw_men/
p9.jpgp7.jpgp23.jpgp5.jpg

関連の過去記事
◎ビームス2014AW
http://unocouno.seesaa.net/article/404361314.html
◎ユナイテッドアローズ25周年
http://unocouno.seesaa.net/article/404281047.html
posted by uno at 00:17| Comment(0) | ブランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする