2019年05月27日

ゼニアのスーツをオーダーしてみた!

暑い夏にスーツはほとんど着なくなりましたね。
働くものとしては本当にありがたいことです。

ただ、、

オトナになる程回ってくるのが、
大きなプレゼンとか、ココイチの大接待とか、
節目のセレモニーとか…

そこは余裕でパチッとスーツでキメて
おかなくちゃじゃないですか。

しっかり準備をしてコンディションを整えて…
日常とは違った晴れやかさや格式を演出したいもの、
夏こそスーツにはそういう役目があるんだよな、
そう思ったわけです。

そこで、、

この夏はいつもよりちょいといいスーツを用意しよう!
つまり、オーダーだ!!という結論に至りました。
どこに頼もうか?早速調べます。。

調べます、、調べますが、、
調べる程に大問題が、、
あまりに選択肢が多すぎる!
猫も杓子もオーダースーツ!!

量販系、テーラー系、セレクトショップ系、
ラグジュアリーブランド系、、、
どこを選んでいいのやら。

今回の意図は、いつもよりいいスーツ!なので
ラグジュアリー系!と言いたいところですが
30万40万を軽く超えていくスーツを
いつもよりいいと言うのだろうか?
明らかに私の基準を超えています。。

一方、セレクトショップでは
リーズナブルなパターンオーダーが中心で
これがいつものスーツより安かったりもして、
これはただの偏見ですが、、仕立てのレベルが
保証の限りではないなぁ、と感じたり。

そんな折、人からの紹介もあって
出会ったのがスーツスタイリストの春貴政享さん。

e669ef42-01fa-44fd-a5d6-5d4a77c0b8d8.w168.h112.fit-crop.png
この笑顔(笑)

エルメネジルド・ゼニアの公式パートナーで
ゼニアの生地と国内の腕利きファクトリーを操り
日本のセレブのスーツを約4000着以上仕立ててきた男。

今回お願いしたのは、
ゼニアのトロフィオ、ネイビーの3ピース、
247,968円也。

ゼニアの店舗で作るゼニアのスーツより
明らかにリーズナブルでありながら、
ゼニアのマテリアルの扱いに長け、
多くのセレブ達をうならせてきた
スタイリストとファクトリーが
仕立てあげるという裏技スーツ。

型紙を使いラインの美しさは生かしつつ
どんなご要望にもお応えできるという
フルオーダー体制で…

「お客様はかなりの高確率でリピートしてくれます。
 その後、どこか他でオーダーしたとしても
  必ず戻ってきてくれるんですよね。」

e669ef42-01fa-44fd-a5d6-5d4a77c0b8d8.w168.h112.fit-crop.png
とこの笑顔(笑)

私の会社まで訪問フィッティングに来てくれて
あちこち採寸してもらい。。
スタイリングのアドバイスもいただきつつ、
こちらの思いも敏感に感じ取っていただきつつの、
それを問診票のようなものにまとめていく。。
世間話やファッションの楽しい話も交えて
正味一時間程で面談終了。

e669ef42-01fa-44fd-a5d6-5d4a77c0b8d8.w168.h112.fit-crop.png
そしてこの笑顔(笑)

仕上がり楽しみにしています。

春貴さんの会社のサイト
http://www.do-company.co.jp/
春貴さんのブログ
https://ameblo.jp/masakyo/


★春貴さんと組んで
 スーツスタイリストの
 育成・独立支援をサポートする会社のHP
 http://www.cono.network/

 訪問フィッティングで無店舗だし
 オーダーメイドで在庫はないし
 お客さんとスケジュールを合わせて動くわけだし
 スーツが経費で落とせそうだし、、、
 服好きの副業・新規事業にはもってこいかも。
posted by uno at 22:26| Comment(0) | スーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月04日

夏に白いシャツを着こなす方法

ジーンズやチノーズに白いシャツ。
季節も選ばずいつでもどこへでも大丈夫なのがいいところ。
ただ、シンプルなだけに、ちょっとした季節感を入れるのが
大事なような気がします。

で、日差しが強くなった初夏の頃は、
白シャツの裾を風に煽られながら、
袖を無造作に撒くったりして、
かっこいい白いスニーカーと合わせるのが
最も気持ちいいんじゃないかと思っているわけです。

◎アディダス スタンスミス
1973年生まれ。名プレイヤーの名が冠されているテニスシューズ。
きれいめファッションによく合うシンプルなデザイン性で定番スニーカーに。
世界一売れたスニーカー?らしいです。


◎ナイキ エアフォース1
80年代初頭に誕生したバスケットシューズ。
ストリートウェアやヒップホップスタイルのアイコンになった系。


◎ニューバランス 574
80年代後半、不整地の性能を高める深い刻みのアウトソールで
トラック以外のために開発されたランニングシューズ「576」を
モチーフに90年代に誕生した「574」


◎クラークス トライジェニックフレックス
影の定番スニーカー。クラークスらしいラフな履き心地の軽くて柔らかいレザーのスニーカー。
これが踊りたくなるくらい軽快。ハイカットに見えてそうでもなく履きにくくない。
ま、スニーカーではないですけどね(^-^; その分キレイめには似合います。


◎コンバーズ オールスター
白シャツ×コンバーズ、、さすがちょっとベタ過ぎますかね?
いや、そんな言ったら全部ベタですからね(^-^;
これこそが、永遠不滅スニーカーです。



今日、渋谷で見かけたいいかんじの白シャツ男子は、
スタンスミスに、濃いめタイトめのブルージーンズでした。
Tシャツなどのインナー無しで素肌に白シャツが
エロカッコ良かったです。
posted by uno at 17:49| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月19日

クリンチャーのアメサイドタイヤの決定版

カラミータのタイヤをVELOFLEXマスターに変えました。
圧倒的に軽くてしなやか、で、グリップがしっかりです。
さすがイタリア、さすがハンドメイド。
クリンチャーのアメサイドならコレに違いないと思っていたものの、
耐久性とコスパに酷評もあって躊躇してきたのですが、
この気持ち良さには、その分の価値が十分のようです。

(ホイールがキズキズです、削らなきゃ。。)

DSC_0327.JPGDSC_0324.JPG

posted by uno at 12:16| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする